ニジマス

ニジマス · 14日 2月 2019
6月からのドライフライ。欠かせない大きなフライを巻きました。今回は、ハンドクラフト展に合わせて、販売します。

ニジマス · 17日 7月 2018
体をたたく大雨でフタスジモンカゲロウのハッチは誘発され、水面には無数のモンカゲが浮きパタパタするも、川は一気にドロドロに、それでも時々バシャっとライズするので待っていると、さらに土砂降りで、ビシャビシャ。テンション上がる私だった。そして迎えた最終日がカラッと晴れた晴天に、羽アリとチョウチョを味方につけて、1日中ライズがアチコチで。最後の最後に岩盤際の小さなライズを見事に決めて、スッキリ。

ニジマス · 17日 7月 2018
6年連続で遊びに来てくれていたゲスト。当時2年生だった娘さんは、今では中学2年生。今年の夏休みは部活で忙しくパパさん1人で十勝入り。寂しい半分、ライズも魚も独り占めて、幸せだった様子?羽アリが増えてきて、木の下の日陰、反転流で小さなライズをしているのを見つけた。ヒグマも見つけ、私たちに気づいて立ち止まった足跡を見つけた。

ニジマス · 17日 7月 2018
ドローンで川の濁りや先行者のチェックができたら。ドローンに荷物を持ってもらって後ろからついてきてもらったら?そんな時代が来るのだろうか?ドローンに人が乗れるようになったら?「ここから先はドローンで行きましょう」なんて時代がくるのだろうか?...

ニジマス · 17日 7月 2018
創業当時から8年連続毎年遊びに来てくれるゲスト。ガンで胃を摘出する大病を経ても毎年十勝で一緒に川を歩けるだけで、それだけで嬉しい。これからも、どこまでもできるかぎりのサポートができたらと思う。人生の大先輩に感謝。

ニジマス · 17日 7月 2018
シトシト雨が、カゲロウのハッチを促して、ライズゲームの一日で6月を閉めてくれた。ナイスライズ、ナイスフィッシュ!

ニジマス · 17日 7月 2018
ホウノキの花が強い香りを放つしたで、クルージングをしていた鱒は、 モンカゲのダンを浮かべても見向きもせず、手っ取り早く勝負を付けてしまえ!とばかりにドライドロッパーでモンカゲニンフを結ぶと、フライに一直線に向ってきて大きな口を開けてパク。金魚の用なニジマスだった。

ニジマス · 16日 7月 2018
大きなドライで出るかと思うと、突然の小さな虫の出現に静かなライズの釣り。後ろで見守るのはヒグマではなくて良かった。珍客エゾタヌキだった。

ニジマス · 16日 7月 2018
雨で増水。その引き際のタイミング。狙うは口にフライをつけたあの魚。 川底も見えない、魚も見えない。だけど必ずでるはずと結んだフライは暴走X。 1度目のドボンは見事なすっぽ抜けでスプーク。そのすぐ上で、体を大きくだしてド派手に出たのはナンバーワンだった。口についたフライも無事回収し。スッキリ。 「増水引き際」の力を借りて大成功だった。

ニジマス · 16日 7月 2018
見つけた魚は、結局仕留めることができず、口に針をつけて逃げていった。ナンバー2も針を曲げて逃げていった。何とかライズを仕留めることができたのはナンバー4だった。

さらに表示する